• 【オンラインショップ】クリスマス特集

ニュースリリース

2017.6.27

「八ヶ岳直送ミルクジェラート」が今年も登場
昨年100万個販売した、生菓子のようなジェラート!

全国に481店舗、海外に26店舗を展開している菓子メーカー、株式会社シャトレーゼ(本社:山梨県甲府市、代表取締役:齊藤 誠)は、昨年度100万個を販売し、シャトレーゼのアイスクリームの中で、昨年8月の売上高第1位を記録した、無添加製法ジェラート「八ヶ岳直送ミルクジェラート」を、6月8日(木)から全国のシャトレーゼで夏季限定販売します。

今回販売する「八ヶ岳直送ミルクジェラート」は、八ヶ岳高原にあるシャトレーゼ契約牧場のしぼりたての新鮮な生乳を24時間以内にアイスミックスへ仕込み、4日後(※)には全国のシャトレーゼで販売する鮮度にこだわった「生菓子のようなジェラート」です。
シャトレーゼの契約牧場で午前5時から搾乳した生乳を自社工場に搬入し、牛乳の風味を損なわないように、65℃で30分かけて低温殺菌処理を行い搾乳から24時間以内にアイスミックスに仕込まれます。2日目には仕込んだアイスミックスをパッケージへ充填・包装し、3日目に出荷、4日目の朝には全国のシャトレーゼで販売します(一般的なアイスクリームは製造約1ヶ月後、店頭で販売されます)。
この度発売する同商品は、生乳からアイスミックスに仕込む時間を昨年からさらに短縮し、よりフレッシュなミルク感のある商品となりました。また、お客様の健康を考え、同商品は添加物(安定剤・乳化剤・香料・着色料)を使用しない「無添加製法」にて製造を行っています。無添加でデリケートなため、あえて必要のない「賞味期限」(30日間)を設け、「生菓子」と同じ鮮度感覚で味わっていただくアイスとなっています。
シャトレーゼでは、ファームファクトリー構想という考えのもと農家と契約を結び直接新鮮な素材を仕入れ、自社工場で製造、直売店に直送・販売する独自のサプライチェーンシステムを構築しているため、このような搾乳から販売までを短期間で行うジェラートが実現しました。